ブログトップ

e’cruのじかん

ecru2.exblog.jp

「ナチュラル」の先にあるもの

c0210892_1612863.jpg

おかげさまで、3月のsewing lesson の予定を
無事終えることができ、ひと区切り。
たまっているオーダー品や新作にとりかかるべく、
気持ちのスイッチを切り替えています。

2週間ほど前から頚椎の痛みに悩まされ、整骨院に通っています。
初日に、原因である根本的な姿勢を指摘され、
初めて「正しい姿勢」を先生に教えていただきました。
「正しい姿勢」は、私にとってそれだけで涙が出るくらいの感動。
それは、大きな自然に触れたときのような感覚。
普段は忘れている、私のなかの「自然」に
一瞬にして体中、満たされました。
「生まれ変わったつもりで、正しい姿勢を
身に着けよう。」と決意した私。

先生いわく、はいはいをしている赤ちゃんの動きは
魚が泳ぐ時のそれに似ているそうです。
無駄がなく、自然で、美しい。
たとえば、武道の達人の、力が抜けているのにもかかわらず、
「速い」ではなく、「早い」と言うしかないスピード。
それらが、本当の強さだという気がします。

体幹感覚を身に着けて、
身体と身体につながっている心も
もっとしなやかに。
3年続けている武道で、
今ぶつかっている壁も
乗り越える。
と自己暗示にかけています。
[PR]
by ecru-jikan | 2010-03-18 16:34 | いろいろ
<< 旅人のbag 夢、愛(そして老い) >>